マンション

2007年10月27日

開かずの扉

ご無沙汰です。
最近ついてないことが立て続けにあったので徐々にアップしていきます。

先日、いつものように近くのスーパーに買い物に出かけました。
普通に買い物を終え、家についていざ鍵を開けようとすると。。。

 

 

 

鍵がねぇ。

 

 

 

いや、マジで

 

 

 

鍵がねぇ。

 

 

 

いや、もう夜の9時ですよ。
とりあえず買ってきたウーロン茶(500ml)を一気に飲み干してみましたが、状況が変わるわけもなく、とりあえず非常識かとも思いましたが、部屋のオーナー秘書に電話しました。

サッチモ:「すいません、遅くに電話して。。。。鍵なくした」
秘書:「どこの?」

いや、別に君との間に秘密の鍵なんて存在しないのでもちろん君んとこの社長さんが僕に貸している部屋の鍵のことですよ。

サッチモ:「部屋の鍵とメールボックスの鍵」
秘書:「じゃ、マンションのカードキーは持っているんですね?管理会社に相談しますからちょっと待ってください」

あっ、カードキーのことか。。。
うちのマンションは各棟の入り口でカードキーをかざさないと入れません。
エレベーターもこのカードキーがないと自分の階のボタンを押せないようになっています。
でもこれは財布に入れていたので大丈夫でした。

しばらくこの秘書(推定年齢24歳、おそらく男無し。普通に笑っても笑顔が引きつるところが少しかわいくもある)に放置され、あらためて自分がMではなくきつめのSであることに気がついたところで携帯が鳴りました。

秘書:「管理会社が業者を呼んだので待っていてください。」
サッチモ:「これって、鍵変えないとまずいよね?」
秘書:「それも訊きましたが管理会社もそう言ってますね」

ま、盗まれたわけでもなく、自分でなくしたのでしょうがないですね。
ただ、いくらなのかちょっと心配でした。

しばらくしておっさんがタバコをくわえたままエレベーターから降りてきました。
すぐに作業に取り掛かってくれるようです。

 

10分経過

 

鍵開けるのって結構時間掛かるんだな。。。

 

15分経過

 

蚊にさされて痒かったので

サッチモ:「大丈夫だよね?」

このおっさん、普通に上海語で話しかけてきました。
仕方がないので私も上海語で

サッチモ:「俺、上海語わかんない」

っていったらまた上海語で語り掛けられました。
若干顔が赤くなってきたのでもしかして俺のことがすきなんじゃないかと思いましたが、どう説明しようか考えている様子。

結局ゼスチャーを交え、鍵が少し緩んでいるのでうまく引っかからないようだということがわかりました。
私が心配そうな顔をしていたのか

おっさん:「大丈夫だって。あと5分で開くから」

普通に標準語話せるんじゃん。。。。

 

5分後

 

開きました。
本当に奴はやりました。
いやぁ、なんていうんですか?

心を開いてくれない相手がチラッと見せてくれた笑顔を見た感じ?

いや、なんとも思ってなかったのに一瞬見せた笑顔がたまらなく可愛かったのでちょっと気になり始めた感じ?

いやいや、片手ではずそうと手を伸ばしたら前にホックが着いていてちょっと恥ずかしい感じ?

いやいやいや、本気で怒っている女を見て「怒っている女も良いな」ってちょっと思っちゃった感じ?

ま、とにかくそんな感じですよ。

んで、次は鍵を探さなきゃいけないわけです。
部屋を出てからスーパーまではタクシーしか使っていません。
スーパーで鍵を落とすような動作もしていないし、電話しても鍵なんか落ちてないって言うし、やっぱタクシーですね。。。。

 

 

領収書がねぇ。

っていうか貰ってねぇ。

じゃぁ、絶対見つからねぇ。

 

 

いやぁ、アテンドするときに忘れ物を気にして絶対に貰う領収書をなぜ貰っていない?
俺はバカか?

おっさんが鍵の付け替えは100元(1600円ぐらい)ちょっとって言ってたので鍵はどうでもいいんですよ。

キーケースが。。。
GUCCIのキーケースが。。。

とりあえず、タクシーの色を頼りに電話してみましたが、後日無かったと連絡がありました。

数日後、おっちゃんが鍵を取替えにやってきました。
結局135元掛かったわけですが、鍵はちょっとグレードアップしていて、中からボタンを押しておけば外から鍵で開けようとしても開かないようになっていました。

ま、合鍵持っている奴もいないので意味のない機能ですが。。。

仕方がないので来月日本に帰るまではバリで買った偽者のクロムハーツをつけておきます。

皆さんもいろんな鍵を開けられないように気をつけてください。

久しぶりによろしくどうぞ
   ↓
人気blogランキングバナー



satchmo_sh at 01:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年10月11日

Newタイプに沸く

以前にお伝えしたかもしれませんが、私はマンションの契約を1年更新しました。

オーナーも変わらず。
部屋も変わらず。
妄想も止まらず。

ただひとつ変わったのは。

オーナーの秘書

以前「インリン似の秘書」が居ることにちょっと個人的に盛り上がってはいたのですが、彼女、いつの間にか辞めてました。
なんかされた、いや、あったんですかね。

ま、インリン似っていっても雰囲気だけですから、M字開脚なんかしませんよ?

んで今度はいきなり見た目20前後の女の子に変わったわけです。
もちろんインリン的な何かは期待するまでも無く...

これがね、ほんとキツイんです。
何がってね、ちょっと出来ない子なんですね。

今年から私が仕事で契約している会社が家賃を払ってくれるって言うので領収書をもらわなければならなかったんですよ。
もちろん契約更新の際にその旨伝えてありますよ、当然。
※ファーピャオじゃ無くて受領書?見たいな奴なので家賃も据え置き。

んでね、いくら待っても領収書がポストに入ってないんですね。
早速同じマンションの敷地内にあるオーナーの会社に出向き、秘書の子に訊ねてみると

秘書:「あっ、忘れてました。エヘッ」

...

なんかお前ちょっと可愛いじゃねぇか...

よって今回は不問に処すことに。
んでね、更に

秘書:「私、毎月だと忘れちゃうんですけどどうしましょう。エヘッ」

私は今、何を相談されているんでしょうか?
何をどうしましょうなんでしょうか?

結局この子が出した結論。

秘書:「私が領収書の束を買ってくるのでそれに自由に書いていいですよ。エヘッ」

可愛気って何ですかね?
軽くぶっ飛ばしたくなったんですけどね、気のせいですかね?

サッチモ:「オーナーのサインが入ってなければ意味無くね?」
秘書:「そうなんですかぁ、エヘッ」
サッチモ:「...そうなんですよ。エヘッ」

ありえなくね?

秘書っすよ、秘書。

秘書っていろんなことができちゃったりするんじゃねぇの?
普通に秘書業務こなせてんの?
大丈夫なの?

客先でミーティングなんて行って、着いたら実は動物園だったなんてこの子だったら普通にありそうだよね。

しかも「可愛いから良くないですか?エヘッ」とか普通に言いそう。

後日電話でこの子が出したプラン

秘書:「じゃぁ、私がその領収書の束にオーナーのサイン書きますから自由に使ってください、エヘッ」

...

いいの?
いいの?それで。
まずいんじゃねぇの?

私としてはオーナーが書いた領収書が手元にあればいいわけですからこの子が書いたってところだけ都合よく忘れて了承しました。

数日後。

秘書:「やっぱりダメみたいなんで毎月こちらの会社のポストに金額や名目を記入して入れておいてくれませんか?その後オーナーのサインを記入してあなたのポストに入れておきますから」

たぶんですが、同僚やら上司やらに怒られたんでしょうね。
ま、普通ならオーナーの方で書いて私のポストに入れるだけなのに、私が全部書いて渡さなきゃいけないところはこの際目をつぶりますよ。
こっちも家賃掛かってますからね。

更に数日後、まだ届きません。

サッチモ:「領収書どうなってんの?」
秘書:「私、ちゃんとポストに入れましたよ?確認しました?」

入ってねーから電話してんだろ?

サッチモ:「もしかしてさ、1002じゃなくて102に入れたりしてない?」
秘書:「あっ...」

その後、やっとポストに領収書が入ってました。

でもね、この子本当にミラクルですね。

複写式?の領収書が控えを含めて

 

 

2枚とも入ってました

 

 

いやいやいや、意味なくね?
俺はいいよ?別に。
どうすんのよ?

後日、またオーナーの会社に出向きその子にオーナーが保管すべき1枚目の領収書を渡すと

秘書:「えっ、これはあなたにあげたんだから私は要らない」

しかもちょっと迷惑気な顔。
しばし私が真っ白になっているとすかさず同僚らしき女の子がそれを受け取りその子に説明し始めました。

俺はこれを毎月やらなければならないのでしょうか...

可愛いといろんなことが許される世の中なんですかね?
普通なら真っ先にクビだと思うんですが...

文太兄ぃ、教えてくれよ。

誠意って何ですかね。
可愛気ってなんですかね。
秘書って響きがエロいですよね。

よろしくどうぞ
   ↓
人気Blogランキング



satchmo_sh at 23:59|PermalinkComments(8)TrackBack(1)

2006年08月21日

入りと出

始まりがあれば終わりがあります。

入り口があれば出口があります。

最近、私が住んでいるマンションの入り口と出口が変わりました。
変わりましたといっても単に「入り口」と「出口」が逆になっただけなんですけどね。

先日、出張者が風邪を引いてしまい私の自宅で風邪薬を取ってからホテルに送り届けるという状況なりました。

いつものようにマンションに戻るとタクシーがやたら門のところから引き返してきます。

警備員:「すいません、向こうから入ってください。」
サッチモ:「時間ないんだって」

いや、別に時間はたっぷりありますけどね...

警備員:「ダメです。すいません。」

仕方なくいつもは出口として使っている道に回りました。
1人ならダメだといわれたところで降りて歩いて自分の住む棟に行けばいいのでしょうが、この後出張者をホテルまで送らなければならないのでタクシーは降りられません。

私が薬を取って戻り、「いつもの出口」、つまり現在は「入り口」として使われている門から出ようとすると

警備員:「すいません、出口は向こうです」
サッチモ:「時間ないんだって」

いや、時間はたっぷりありますけどね...

ここでなぜかタクシーの運転手がキレだしました。
このタクシーの運転手、この辺の道を知らないといっていたので当然私が住むマンションへは初めて来たはず。

ではなぜ切れたのか?

先ほども良いましが、彼はこのマンション初めてなので「いつもつと勝手が違うから」という理由で怒っているわけではありません。

タクシーの運転手は更に警備員に食って掛ります。

運転手:「何でダメなんだよ!」
警備員:「張り紙を見てください」

なんかA4サイズの張り紙がありますが、夜でしかもタクシーの中からでは当然見えるはずも無く

運転手:「見えねぇよ」

至極真っ当なご意見です。

サッチモ:「このマンション初めてでしょ?何で怒ったの?」
運転手:「あぁ?怒ってないよ」

うそーん、すげぇ怒ってたじゃん。
ちょっと警備員ひいちゃうぐらい怒ってたじゃん。

ま、別にいいけどね。

結局、私がこのマンションに引っ越してきたときに、入り口と出口を間違えたのに優しく入れてくれた警備員の面影は既に無く、今まで入り口として使っていた現在の出口から敷地の外にでました。

入り口の近くで道路工事をやっていたのでそのあたりが原因なのかと思っていました。

今日になってもまだ入りと出が逆のままになっているので警備員に訊いてみると

サッチモ:「何時までここが入り口なの?」
警備員:「

 

3年後

 

えっ?

今なんていった?3年?

3年って言ったら

「あっ、来年オリンピックだね」

とか

「お前の閏年の誕生日って来年だな」

とか

「私たちもう付き合って3年だね」っていうプレッシャー

とか

「お前もさぁ、新人じゃないんだろ?3年目なんだよ。」っていう若手の苦悩

とか...

とにかく短くは無いわけですよ。
慣れるって言われてもね、今度入り口に指定された場所に面した道路はものすごく短くて、ま、100メートルぐらいしかないんですよ。
つまり運転手はあまり知らないんですね。だから家に帰るときにいちいち近くまでいってからまた説明しなきゃならないわけで。

とにかく面倒くさい。

いやいや、突っ込むとこ間違えた。
大体3年後にまた変わるってキミの意図が読めないよ、うん。

今度理由を聞いてみようと思いますが、向かいのマンションの入り口は変わってないんですよね。
ということは私が住んでいるマンション固有の問題かと。

あー、うぜぇ。

めんどくせぇ。

つかれた。

明日も仕事だ。

寝るか。

ま、そういうことです。

そうそう、何でこんなことわざわざ書いたかってね、先日友人から電話があったんですよ。

友人:「すげぇ真っ暗でさ、「そこ、違うの」って言われちゃったよ。うっしゃっしゃ」

国際電話で。
しかもこのあと

友人:「じゃな。」
サッチモ:「お前それだけ?」
友人:「あぁ、お前の乾いた生活に潤いをと思ってさ」

ほんとにこいつこれだけ言って切りやがったんですよ。

いや、ま、それはいいとして、つまり場所が違うつながりって事で。

よろしくどうぞ。
   ↓
人気Blogランキング



satchmo_sh at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
Counter

合計:

今日:

昨日:

Recent Comments
Access Ranking

アクセスランキング
Page Ranking

アクセス解析
Search Word Ranking

レンタルCGI