上海生活にて

2006年12月29日

マッサージですが、何か?

最近背中がバキバキなんですね。

なのでマッサージにたまに行くことにしているのですが、大体夜中に行くんですよ。

私が住んでいるマンションは1階にガードマンがいて、当然マッサージに行くときに顔をあわせることになるわけです。

もちろん帰ってきたときにも...

最近まで全く気にしていませんでしたが、マッサージから帰ってくるとなんか奴はニヤニヤしてるんですよ。

ガードマン:「どうだった?」

どうだった?

サッチモ:「すげぇ気持ちよかったよ」
ガードマン:「そりゃぁよかった」

一見普通の会話のようですが、よくよく考えてみると奴はなんか勘違いしているような気がするんですよ。

以前も違うガードマンに訊かれたことがありました。

ガードマン:「どこに行ってたの?」

多分、夜中に出かけて1時間ぐらいで戻っと思ったら手ぶら。
それでどこに行ったのか訊かずにはいられなかったんでしょうね。

サッチモ:「マッサージ」
ガードマン:「あぁ、マッサージ」

ま、結論からすると多分奴らは俺がソープにでも行っていると思ってるんだと思うんですよ。

それで思ったんですけど、私がどこに行っているのか体験させてやればいいんじゃないかと。

例えばガードマンに

サッチモ:
「すげぇよ、1時間50元ぐらいでホント天国だね。
まぁ、なんていうの?あの指使いが最高なわけよ、わかる?
一回は行っとくべきだと思うんだよね。
それに女の子は指名できるしさ、気に入らなければチェンジよ、チェンジ
かぁ〜、好きだねお前も」

みたないことを吹き込んだら、奴は行っちゃうでしょうね、間違いなく。

当然普通のマッサージ屋なのでスペシャルコースなんてものもありませんから、奴は「全身リップマッサージ」ではなく、「普通の全身マッサージ」を悶々としながら受けることになるわけですよ。

まさか「風俗と間違えました」なんて言わないでしょうからね。
そして奴と顔をあわせた時に、奴が微妙な顔をしていたら訊いてあげようかと思うんです。

サッチモ:「どうよ?すっごいでしょ?」

そのときの奴の顔を想像すると今から楽しみです。

ま、なんていうんですか?
青少年を正しい方向に導いてあげた、もしくは世の中そんなに甘くないことを身をもって教えてあげたみたいな感じでしょうかね。

人を見た目で判断するなってことです。
顔がエロいから頭の中までエロいと思うなってことです。

皆さんも甘い話には十二分に気をつけてください。

よろしくどうぞ
  ↓
人気blogランキングバナー



satchmo_sh at 23:59|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2006年12月25日

闇夜に潜む

未だ日付が追いつきません。

それはそうと、今日は会社から遅めに帰宅し、前日に買ったパンをかじりながらテレビを見ていました。

日常のよくある光景です。

さすがに時間がたったパンは微妙だななんて思っていると

 

 

グゥアン

 

 

突然嫌な音とともにあたりは闇夜に包まれました。

 

狙撃される!

 

しかし上海に来てから狙撃されるような覚えも少ししかありませんし、大きな国際会議もないはずです。

 

ではなぜ?

もしかしてハニートラップ?

 

胸躍らせながら寝室にいくも、誰もいません。
狙撃でもハニートラップでもないとすると。。。。。

 

 

停電かっ!

 

 

やっと状況を理解し、ブレーカーを上げてみるも全く反応せず。
これはおかしいと思い管理事務所に電話をしようと思いましたが、そこまで間抜けじゃありません。

停電なのに家の電話が使えるわけがないじゃん。
それに多分元の電源がやられているとすれば他の部屋も停電のはず。
注)停電でも普通に家電話は使えます。

携帯電話の存在をすっかり忘れて1階まで降りていきました。
エレベーターはもちろん、フロアの廊下の電気はなぜか普通に点いています。
取り合えず棟の入り口にいるガードマンに停電を伝え、修理を要請。

すると...

続々と人が現れます。

住人:「停電だよ、停電」
ガードマン:「この人もだよ(笑」

いやいや、そこ、俺を指差して笑うとこじゃないよね?

住人:「いつ直るんだよ」
ガードマン:「すぐですよ、すぐ」

2分前に停電を知ったガードマンは、原因もわからずにすぐ直ると言い放ちました。
仕方なく部屋に戻り、暗闇で妄想に耽ること30分。

 

 

暗っ!

 

 

蝋燭の明かりで風呂にでも入ろうかと思いましたが、思いとどまりました。
もしですよ?足元が見えずに転んで、しかも打ち所が悪くて気を失い溺死なんてことになったら...

「邦人男性、深夜の奇行!浴槽で1人SM死!」
「蝋燭よりも熱い夜?邦人男性謎の溺死!」
「ぶって打たれて転んで死んで」

いやいや、危ないところでした。
そもそも蝋燭なんて持ってませんしね。

とりあえず、停電でも電話が使えることがわかり、管理事務所に電話。

サッチモ:「もう30分たつんだけど」
管理事務所:「すいません、修理の人が既に帰宅しているので呼び戻したんですが。。。」
サッチモ:「えっ、まだ着いてないの?」
管理事務所:「はい、おそらく。。。」

おそらくってなんだよ、おそらくって。
どうにもならないのでまた妄想に耽ることにしました。

われを忘れて妄想に耽ること1時間。
そうです、この時点で停電からすでに1時間半。
ハーフタイムを抜かせば全後半終わって延長戦に入っている時間です。
PKは何番目に蹴ろうかと考えていると目の前が急に明るくなりました。

あぁ、普段の行いを神様はちゃんと見ていてくださった。
私を光の中に導いてくださるのですね?

電気がついた感動を5分ほど堪能した後、少し仕事をし、この事実を伝えるべくブログを書き始めた次第です。

今年も楽しい一年になりそうです。

よろしくどうぞ
  ↓
人気blogランキングバナー



satchmo_sh at 23:59|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2006年12月20日

明けましておめでとうございます

仕事を終えて、外に出たら3秒で凍死しました。
ありえない寒さです。

そうそう1月も7日を過ぎて今更言うのも恥ずかしいですが、

 

明けましておめでとうございます。

 

新年ですよ、新年。

私は4日から出社だったんですけどね、新年早々どうでもいいことで言い争いになりました。

猪と豚は違うのか?

同じだと答える彼に私はもちろん違うと答えましたよ。
実際のところどうなんだってのは別にどうでもいいんですよ。
だってそうじゃないですか。

ぼたん鍋と豚汁は同じものか?
東京Xは豚限定。
それに

あっ、君やっぱ猪じゃなくて豚ね、よろしく。

なんていわれたらぶち切れるでしょ?
っていうかそもそもブタ年ってありえねぇだろ?

とりあえず日本のスーパーで猪肉をくれって言ったら肉に散弾銃の玉が入っていても文句は言えないと教えてあげました。

中国人スタッフ:「嘘でしょ?」
私:「ホントダッテ」
中国人スタッフ:「信じてないけどすごいね」
私:「サムライノ国ダカラネ」

今年の幕開けもこんな感じです。

話は変わりますが、妹からメールが来ていました。

妹:「主人が東京本社へ転勤になりました」

 

マジで?

 

いやいや、東京本社への転勤に驚いていたわけではなく、

 

主人が...

 

いやぁ、結婚して2ヶ月もすると言っちゃうもんですね、「主人が」。

転勤については以前聞いていて、もしかしてあるんじゃないかと思ってたのでさほど驚きはありませんでした。
ま、あれですよ、これで妹も晴れて人妻ってことですね。

ま、がんばれ。

 

ま、それはいいとして、本来このブログは

「ガイドブックに載っていない上海情報を面白おかしくお届けする情報発信ブログ」

を目指して書き始めたわけですが、実際のところ

「ガイドブックに載せる価値も無いどうでもいい情報を自由気ままに垂れ流す」

と、当初の目的とはかけ離れた内容になってしまいました。
だからと言ってどうするわけでもなく、今年もこのままいかせて頂きます。

というわけで今年もよろしくどうぞ。
   ↓
人気blogランキングバナー



satchmo_sh at 23:59|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2006年12月06日

予期せぬ全裸

ブログを定期的に更新するって大変ですね...

この時期って寒いので暖房を入れているときはリビングに通じるドア、例えば仕事部屋とかキッチンとか寝室のドアって閉じておくんですよ。

この日も、朝シャワーを浴びて着替えを取ろうと閉めてあった寝室のドアを開けようとしたんですがね、

 

開かない

 

とりあえず冷静になって「開けゴマ」とか言ってみましたが、一人で苦笑いする結果になり、さらに冷静に周りを見回して見ましたが、着替えはありません。

強引にドアを開けようとするもいつもの感触ではなく、引っ掛かりが無いんですよ。そこで気づいちゃったんですよね。

 

俺、全裸?

 

このままだと昼のニュースで

「上海発:日本人男性、白昼のストリーキング、仕事のストレスが原因か?」

なんて放送されかねません。
さらに偶然居合わせた日本の報道関係者があまりに目立ったニュースが無いので、リポートなんか始めちゃって

「ここ上海で現地時間の10時、白昼堂々ストリーキングが現れました。この男性は日本人男性と見られ、中国公安当局の取調べに対し「だって鍵が、鍵が開かなかったから。。。」と意味不明な言動を繰り返している模様です。
動機について、仕事のストレスが原因かよほど自信があったのかは未だ明らかにはなっておりません。一部では裸族ではないかとの未確認情報も入っております」

なんてことになったら、「ちょっとおいしいかも」どころの騒ぎじゃありません。

一通りの妄想を終えた後に電話があることに気づきました。
バスタオルを一枚巻いた後に管理事務所に電話するとすぐ来るとのこと。

30分後にようやく2人組のおっさんが現れました。
バスタオル一枚の私に突っ込みを入れることもなく

おっさん:「どこだ?」

と。
ドアを指差して10秒も経過することなく、おっさんが

あぁ。

あぁって何だよ。
でも「あぁ」の2秒後にはドアが開いてました。
すごいね、おっさん。
もう12月だから今年の職人ベストオブイヤーにノミネートしてあげます。

危うく捕まるところでした。
でも良く考えてみるとちょっと怖いですよね。
もしこれが寝室の中だったら。。。

中に着替えはありますが電話も携帯も無かったわけですよ。
まさに外との通信手段を完全に遮断された状態。

精神的にだけでなく、物理的にも孤独な31歳。

考えるだけでもぞっとしますね。
ここで一句と思いましたが12/15をもってサラリーマン川柳の受付は締め切られてしまったようなのでまた来年にします。

皆さんもドアの開閉には注意してください。
ま、簡単に開いてしまうドアも面白くありませんが。。。

よろしくどうぞ
  ↓
人気blogランキングバナー



satchmo_sh at 23:59|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2006年10月30日

負の連鎖

最近私の周りでいろんな被害が出ています。

とは言っても別に私がその不幸をガッツリ背負い込んで皆さんにお裾分けしているわけでもなく、ただの偶然なのですが...

■不幸その1

先日お伝えしたニット帽の彼ですが、前回お伝えした状況は

・友達と友達の友達数人と飲みに行った
・酒が強くないので酒は飲まなかった
・そのうちの一人にそれが原因で殴られ、10針縫った
・彼らの電話番号は知っている
・警察に行ったが曖昧な対応をされ、一応警察が相手と連絡を取ることになった
・殴られた事実は友達が証言してくれるはず

と言うことでしたが、彼と会社帰りのエレベーターで会い、その後の状況を聞いてみると

 

全員に携帯番号変えられた

 

らしいです。

サッチモ:「えっ、証言してくれる友達はどうなの?」
彼:「そいつも番号変えました...」

寂しいです。
世の中って。

切ないです。
友達の裏切りって。

ま、そうはいっても天下の警察がそのまま見過ごすわけは無いでしょう。

サッチモ:「警察は?」
彼:「無視されました」

厳しいです。
世間ってのは。

いないもんですね。
正義の味方ってのは。

結局、10針を縫う程の暴行を受けたのにもかかわらず、ほぼ完全な形で裏切られた彼が言いました。

彼:「

 

友達って...いえ、なんでもないです

 

わかった、皆まで言うな。
武士への階段上る君はまだ〜♪

H2Oも君を応援していると思うよ...

■不幸その2

先日、私に彼氏を紹介してくれと言った女の子がいました。
その彼女が

彼女:「パソコンを盗まれました」
サッチモ:「どこで?」
彼女:「家で」

どうやら夜中に泥棒が侵入してパソコンと現金を少し盗んで行ったようです。
さらに隣の部屋の女の子も現金やらアクセサリーやら盗まれたとのこと。
ちなみにこの子の部屋は1階らしいです。

サッチモ:「パソコンって、また高いものを...」
彼女:「いいんです。どうせ友達にもらったものだし使ってませんでしたから。でも怖くって」

そんなとき、武士なら

武士:「大丈夫、俺が守ってあげるよ」
彼女:「えっ、本当?」
武士:「もちろん、可愛い泥棒さん」
彼女:「私は被害者ですよ?泥棒なんかしません」
武士:「俺のハートを盗んだじゃないか、この女ねずみ小僧」

なんて言うんでしょうけどね、まだまだ修行中の私は適当に慰める程度の言葉しか出てきません。

ブシドウとは?

■不幸その3

よく通訳をしてくれている営業の女の子が

彼女:「実は昨日財布を盗まれてしまって...」

しかもその前日には、他の営業の人も別の場所で財布をすられたそうです。
幸いその彼の場合は1時間後に警察が捕まえ、現金は抜かれていたものの、カード類や財布そのものは戻ってきたとのこと。

そんな時、武士なら

武士:「心配ないよ」
彼女:「でもお金が...カードも無いんです」
武士:「僕が君の勘定奉行になってあげるよ」
彼女:「まぁ、御奉行様!」

なんて言うんでしょうけどね、まだまだ修行中の私は適当に慰める程度の言葉しか出てきません。

サムライとは?

■不幸その4

先日、友人からのメールで

友人:「やっと北海道から東京本社に戻れるよ。でも北海道から離れるのも寂しいもんだね」

との報告が。
新婚早々、あるプロジェクトで北海道に転勤になっていた彼(東京出身)はやっと東京の本社に戻れることになりました。

が、

昨日

友人:
「お客さんへの挨拶も済ませ、支社に戻ると本社からの1本の電話がありました。

 

残留決定!FAは行使せず。

 

組織って怖いね。
彼はまだしばらく北海道のようです。

 

このように私の周りではこの数日の間にこれだけの出来事がありました。
ただ、少し気になるのは私はいまだ無傷であると言うことです。

いや、私はMではないので不幸の受け入れ態勢が整っているわけではありません。
たった数日の間にこれだけ続くと

次は俺?

みたいな妄想にとらわれそうです。
いや、そんな後ろ向きな考えは良くないな。
むしろみんなが私にかかる不幸を代わりにしょってくれていると思えば、日頃からみんなに感謝の気持ちを持つこともできる。

そんな私の周りの人々に感謝すると共に、これからも不幸の按分をお願いします。

あっ、できれば僕の配分はできるだけ少ない方向でお願いします。

よろしくどうぞ
   ↓
人気blogランキングバナー



satchmo_sh at 23:59|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2006年10月25日

ニット帽の理由

今日、外で打ち合わせがありました。
普段は通訳と一緒に行くことになっています。

そして朝、彼はニット帽をかぶっていました。
スーツなのにね。

彼:「打ち合わせに行くのにこれはまずいですかね」

いや、大分まずいよね、普通は...
だってスーツにニット帽ですよ。
別に今の上海は寒くも無いですし、ましてや打ち合わせは極寒の青空の中やるわけでもないですからね。

サッチモ:「どうしたの?」
彼:「実は頭に傷が出来て...」

そうです。
彼は頭の傷を隠す為に帽子をかぶっていたのです。
でもなぜ?

理由を訊くと、彼と彼の友達、そして初対面の友達の友達数人と飲みに行ったとの事。
彼は本来酒があまり好きな方ではありません。
そして酒を断ってたとの事。すると初対面のうちの1人が

「なぜお前一人だけ飲まないんだ」

となったわけです。

サッチモ:「んでどうなったの?」
彼:「殴られました」

はやっ。

それだけで?

尖ったナイフじゃないんだから。
どんだけ尖がって生き急いでるんだよ。

サッチモ:「んでどうしたの?」
彼:「警察に行きました」

そうだよね。
暴行だもんね。
そりゃ早く捕まえてもらいわないとね。

サッチモ:「んで捕まったの?」
彼:「まだです」

おそっ。

警察曰く、

〜蠎蠅墨⇒蹐靴道情を聞く
内容に食い違いがあるか確かめる
食い違いがあれば両社を呼んで再度事情聴取

えっ?

逮捕されないんすか?

暴行されてんですよ?

目撃者もいるんですよ?

怪我の程度を訊いたら10針縫ってるんですよ。
10針って言ったら結構な怪我ですよね。
私も7針縫ったときは結構血が出ましたからね。

とりあえず任意でも何でも直接事情聞かなくちゃだめなんじゃねぇの?
電話って...

しかも目撃者ってのは彼を誘った友達らしいんですよ。

サッチモ:「でもその友達ってのが相手方に着くことは無いの?」
彼:「それは大丈夫です」
サッチモ:「でもその友達ってのも微妙だよね」
彼:「はい、目撃者として用が済んだら

 

 

絶交します

 

 

絶交って、お前久々に聞いたよ。
でもまぁ、絶交らしいです。

彼:「私も男ですから」
サッチモ:「中国のサムライだね」

また一人、中国にサムライが生まれました。

中国総サムライ計画。

よろしくどうぞ
   ↓
人気Blogランキング



satchmo_sh at 23:59|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2006年10月20日

オリジナルの限界

最近、出張者やらお客さんがきていたんですね。
今回はやたらとDVDを買いたがる人が多く、空港で何があっても自己責任ってことで店には案内しました。

最近、日本のDVDをそのままコピーした「日本語吹き替え版」のDVDがよく出てますよね。特にアメリカのドラマ系のもの。

ま、パッケージそのものもコピーしているからわかるんですが、面白いのが当然音声は英語ですよね。
んで日本語版のコピーだから当然日本語吹き替えもあります。

が、

中国語吹き替えなし。
中国語字幕なし。

こんなのが中国のDVD屋で売ってたりするんですね。
日本人、狙い撃ちされてます。

ま、それは良いとしてお客さんが「スタジオズブリ」なんてなかなか卑猥なDVDを購入後(実際はジブリそのものですが)、同じ店で、あるDVDを見つけました。

ミッション○ンポッシブル3とダビ○チコード

○I3は特に見たいわけでもなく、ダビン○コードは本を読んでいたのでそれほど興味も無かったですし、何より見た感じ日本語字幕が無い。
お客さんが興味を示していたので一応おっさんに訊いてみると

おっさん:「もちろん日本語字幕付きだ」

絶対嘘ですよ。
ありえないですって。
でもおっさんは言うんですよ

おっさん:「MI1と2は字幕が無いけど3はあるんだ。間違いない」

1、2は無いけど...なんて微妙に本当っぽいこといっても絶対無いね。
お客さんも、「ま、買っても14元だしいいんじゃね?」ってことで買いました。

早速ホテルでパソコンのDVDを使って確認です。

あったよ。
ありましたよ、字幕。
おっさんごめんね、疑ったりして。

でもね、なんかおかしいんですね。
めちゃめちゃ激しくやりあっているシーンとかで

DVD:「動かないでください」

とか

DVD:「私はあなたを承認します」

パーティーで乾杯しているような場面でも

DVD:「乾杯しる」

しるってお前...

要は正式な字幕じゃなくて中国で誰かが作った「オリジナルの字幕」なんですね。
ここまでコピーしておいて字幕だけオリジナルかよ...
オリジナルにしたとたんにクオリティが下がるってのもなんか皮肉な感じもしますけどね。

結局全く話も繋がらず、翻訳ソフトもどきの日本語に疲れ、かといって英語や中国語で見る気合も無い私は放置です。
普通、字幕や吹き替えがあるって言っていたのに無かった場合はその店に行けば取り替えてくれるかお金を返してくれます。
でも今回は確かに字幕はありましたからね。

結構仕事が中途半端で面白いんですよね。
他にも

プリズ○ブレイク

なんかは日本でシーズン1が終わったらしいのですが、こっちでは日本語吹き替え有りと言ってシーズン2までパックされたものが売っていたんです。

シーズン2以降は吹き替えも字幕も無しでしたけどね...

後は木村○也主演の

ギ○ト

ってドラマが結構前にやっていたんですよ。
懐かしいなと思ってギフ○を買ってみると一番最後に

ヒ○ロー

の2時間スペシャル版が入っていました。
ま、主演が同じって以外は何の共通点も無いんでしょうが、多分ヒー○ーをコピーDVD化したときは2時間スペシャルはまだ放送されていなかったため、ここに混ぜちゃったんでしょうね。

 

私が働いているオフィスの前に結構大規模なDVD屋があったんですよ。
何店舗か集まった感じの。

でもそれが最近ちょっと先にあるビルに引っ越したんですね。
噂ではそのビルはそれ系の取り締まりで目をつけられているらしいってことです。

徐々に著作権の取り締まりも激しくなってこういったDVD屋も喫煙者とともに姿を消す運命にあるみたいですね。
ま、当然と言えば当然ですが...

DVDは仕方が無いとしてもタバコも時代の流れなんですかね。
そのうち「禁煙」なんて言葉が使われなくなるぐらい喫煙者は減っていくんでしょうか。

なんかちょっと寂しい

よろしくどうぞ。
   ↓
人気Blogランキング



satchmo_sh at 23:59|PermalinkComments(5)TrackBack(1)

2006年10月16日

DELL、デル、でる

今日は特につまらないですよ。

というのも先日パソコン買ったって言いましたよね。
日曜日にやっとお客さんも帰ったので届いていたPCをセットアップしようと思ったわけですよ。

相当やられましたよ。
ま、自業自得なんですけどね。

当初の目論見としては

DELLでデスクトップPCを購入。
OSが中国語か英語しかないので日本語を再インストール。

快適なパソコンライフ!

のはずが、

問題発生...

問題1.意外と顔が青白いパソコン

日本語OSのインストールの途中でブルースクリーン連発。
新人のころに営業の不手際により徹夜で客先のPCセットアップしてた記憶がよみがえってきましたよ。

目の前に新品のパソコンがあるのに使えない...

極薄のヘルメットを買ったのに黒人限定サイズで使い物にならないのと同じぐらいショックですね、いやほんとに。

エラー番号からHDでトラぶってるのはわかったのですが、何がどうなっているかさっぱりわからない。
ネットでいろいろ調べてみたらどうやらRaidが原因らしい。

もともと私が購入したモデルはRaidが組めるモデルだったのですが、私は購入時にRaid構成なんかしてないわけですよ。
それでもインストール時にはRaidのドライバが必要みたいなんですね。

問題2.あなたを忘れてました

当然自分がもともと持っていた日本語のOSをインストールするわけですからリカバリディスクを使うわけではありません。
ということはRaidのドライバもインストールの途中、自分でインストールしなければいけないわけです。

問題はインストールの途中でRaidのドライバをインストールしたりする場合はフロッピーディスクからインストールするしかないんですね。

でもね、購入時にフロッピーオプションからはずしちゃったんですね...

1時間ぐらいいろいろ試したんですけどだめでした。
こうなったらインストールの為だけにフロッピーディスクドライブを買うしかない。

ってことでヤオハンの裏にあるショップに行って買いましたよ。

ディスク付でUSBのFDDが240元。
ま、それぐらいいいよ、使えるようになるなら。

問題3.消しちゃいました

フロッピーディスクドライブを買ったものの実はその前にやらかしちゃってたんですね。
OSインストール時にSystem32にファイルをコピーするじゃないですか。
だったらRaidのドライバもあらかじめそこにコピーしておけばいいんじゃないかと思ったわけです。
ですが、どうやらそのときに誤ってもともとあったファイルを消してしまったようで中国語のOSも立ち上がらなくなりました。

最悪です。

しかもリカバリディスクのくせにBIOSでCDブートにしても読み込まれません。
原因もわからず、中国語のサポートに電話しても意味がないので自力で何とかすることに。

結局BIOSのRaid設定をいじって何とか中国語OS再インストール完了。
その後、日本語OSのインストールも無事終わり、このBlogも新しいパソコンで書いてます。

問題4.意外と無口なパソコン

1つ問題なのはスピーカーのドライバが見つからないため音が出ないんですね。
中国のDELLのHPからドライバ落としてきてデバイスマネージャから入れたんですけどダメです。

ま、これはすぐに解決できそうですが、もう限界です。
しばらく面倒くさいので放っておきます。

一通りソフトのインストールも終わりました。

いや、ほんと甘かったというかなんというか...

私、前はSIerにいたんですけどね、あんまり技術に詳しくないんですよ。
多分システム関係の人が読んだら

アフォか!

って言われるかもしれませんが、まぁ知らないものは知らないんでどう使用もないわけです...

ま、今日は愚痴ばっかですがこの辺で。

よろしくどうぞ
   ↓
人気Blogランキング



satchmo_sh at 23:59|PermalinkComments(5)TrackBack(1)

2006年10月11日

Newタイプに沸く

以前にお伝えしたかもしれませんが、私はマンションの契約を1年更新しました。

オーナーも変わらず。
部屋も変わらず。
妄想も止まらず。

ただひとつ変わったのは。

オーナーの秘書

以前「インリン似の秘書」が居ることにちょっと個人的に盛り上がってはいたのですが、彼女、いつの間にか辞めてました。
なんかされた、いや、あったんですかね。

ま、インリン似っていっても雰囲気だけですから、M字開脚なんかしませんよ?

んで今度はいきなり見た目20前後の女の子に変わったわけです。
もちろんインリン的な何かは期待するまでも無く...

これがね、ほんとキツイんです。
何がってね、ちょっと出来ない子なんですね。

今年から私が仕事で契約している会社が家賃を払ってくれるって言うので領収書をもらわなければならなかったんですよ。
もちろん契約更新の際にその旨伝えてありますよ、当然。
※ファーピャオじゃ無くて受領書?見たいな奴なので家賃も据え置き。

んでね、いくら待っても領収書がポストに入ってないんですね。
早速同じマンションの敷地内にあるオーナーの会社に出向き、秘書の子に訊ねてみると

秘書:「あっ、忘れてました。エヘッ」

...

なんかお前ちょっと可愛いじゃねぇか...

よって今回は不問に処すことに。
んでね、更に

秘書:「私、毎月だと忘れちゃうんですけどどうしましょう。エヘッ」

私は今、何を相談されているんでしょうか?
何をどうしましょうなんでしょうか?

結局この子が出した結論。

秘書:「私が領収書の束を買ってくるのでそれに自由に書いていいですよ。エヘッ」

可愛気って何ですかね?
軽くぶっ飛ばしたくなったんですけどね、気のせいですかね?

サッチモ:「オーナーのサインが入ってなければ意味無くね?」
秘書:「そうなんですかぁ、エヘッ」
サッチモ:「...そうなんですよ。エヘッ」

ありえなくね?

秘書っすよ、秘書。

秘書っていろんなことができちゃったりするんじゃねぇの?
普通に秘書業務こなせてんの?
大丈夫なの?

客先でミーティングなんて行って、着いたら実は動物園だったなんてこの子だったら普通にありそうだよね。

しかも「可愛いから良くないですか?エヘッ」とか普通に言いそう。

後日電話でこの子が出したプラン

秘書:「じゃぁ、私がその領収書の束にオーナーのサイン書きますから自由に使ってください、エヘッ」

...

いいの?
いいの?それで。
まずいんじゃねぇの?

私としてはオーナーが書いた領収書が手元にあればいいわけですからこの子が書いたってところだけ都合よく忘れて了承しました。

数日後。

秘書:「やっぱりダメみたいなんで毎月こちらの会社のポストに金額や名目を記入して入れておいてくれませんか?その後オーナーのサインを記入してあなたのポストに入れておきますから」

たぶんですが、同僚やら上司やらに怒られたんでしょうね。
ま、普通ならオーナーの方で書いて私のポストに入れるだけなのに、私が全部書いて渡さなきゃいけないところはこの際目をつぶりますよ。
こっちも家賃掛かってますからね。

更に数日後、まだ届きません。

サッチモ:「領収書どうなってんの?」
秘書:「私、ちゃんとポストに入れましたよ?確認しました?」

入ってねーから電話してんだろ?

サッチモ:「もしかしてさ、1002じゃなくて102に入れたりしてない?」
秘書:「あっ...」

その後、やっとポストに領収書が入ってました。

でもね、この子本当にミラクルですね。

複写式?の領収書が控えを含めて

 

 

2枚とも入ってました

 

 

いやいやいや、意味なくね?
俺はいいよ?別に。
どうすんのよ?

後日、またオーナーの会社に出向きその子にオーナーが保管すべき1枚目の領収書を渡すと

秘書:「えっ、これはあなたにあげたんだから私は要らない」

しかもちょっと迷惑気な顔。
しばし私が真っ白になっているとすかさず同僚らしき女の子がそれを受け取りその子に説明し始めました。

俺はこれを毎月やらなければならないのでしょうか...

可愛いといろんなことが許される世の中なんですかね?
普通なら真っ先にクビだと思うんですが...

文太兄ぃ、教えてくれよ。

誠意って何ですかね。
可愛気ってなんですかね。
秘書って響きがエロいですよね。

よろしくどうぞ
   ↓
人気Blogランキング



satchmo_sh at 23:59|PermalinkComments(8)TrackBack(1)

2006年09月22日

親切なオペレーター

タイトルとは関係ありませんが、先日、雑誌の取材を受けました。
写真を掲載するとの事でしたが、ブログがらみの取材で、しかも日本でも発行している雑誌ということでしたので顔はまずいだろと。

もし、昔の上司やら先輩やらに見つかって

「お前上海で何やってんだよ?キャバクラ奢れよ」

とか謂れの無い恐喝を受けそうですし、そもそも金なんて受け取ってませんし。
ってことで

目線入りでお願いします。黒のね。

軽く却下されましたが、取材にこられた彼女の心意気に期待します。
多分雑誌には目線入りで掲載されていると思います。
あっ、別にこれはプレッシャーじゃないですから。

ってことで本題です。

先日、中国でDELLのパソコンを注文しました。
結局アメリカから取り寄せるんですよ、日本のDELLと同じように。

だったら日本のDELLで買って中国に送ればいいんじゃねぇかって思ったんですよ。
ま、冷静に考えれば無理なのはわかるんですけどね。
しかも日本のDELLのHPには国内発送のみって書いてあるんです。

ま、とりあえず電話してちょっとゴネたら意外といけるんじゃねぇかって事で電話しようとするもフリーダイヤルしかないんですよね。

いや、もう私の指はダイヤルモードに入ってるのでスカイプから行ってみました。

オペレーター「こちらK○○○の国際電話何とかセンターです」

あぁやっぱかからねぇよ。

オペレーター:「お客様、今どちらからお掛けですか?」
サッチモ:「チャイナだっチャイナ」
オペレーター:「今は何とかを経由して日本の何とかセンターに掛かっておりますのでよろしければ日本に直接繋がる番号をご案内しますが。こうしている間にも料金が...」

いやね、別にスカイプアウトからなので別段心配ないんですけどね、この方、すごい料金を気にしてくれているんですよ。

サッチモ:「いや、別にスカイプからだし、番号案内してもらってもフリーダイヤルですよね」
オペレーター:「お客様、ですから日本のセンターを...」

料金をやたらと気にしてくれているらしく、こっちの話はガン無視でした。
しかもやたらと慌しいんですよ。

サッチモ:「わかりました。じゃ、番号を教えてください」
オペレーター:「XXXXかXXXXです。どちらでもかまいません」
サッチモ:「あ〜、わかりました」

ま、結局これもセンター自体に掛からなかったんですけどね。
それは良いとしてこのあと

オペレーター:「

 

お客様!早く切らないと!

 

すげぇ親切なのはいいんですが、ちょっと怖いんですよ、この人。

なんか31にもなって靴のそろえ方が悪いことを母親に説教されている気分になってちょっと悲しい気持ちになりました。

あっ、靴はちゃんとそろえますけどね、私は。

結局ね、中国のDELLで注文しちゃいました。
電話して訊いたら指定銀行行って振り込んでくれって言われたので、早速銀行行って電話で教えてもらった番号をリマークスに記入して振り込み完了。

振込み完了の旨、電話で伝えると控えをFaxするようにいわれ、それも即座に済ませまた電話。

ネットで注文したのにこの電話確認はどうなんだと思いながらも電話しなかったら1日で全部終わらないだろと思い、確認すると振り込み確認完了とのこと。

サッチモ:「これって国慶節前に届く?」
担当:「休みなので」
サッチモ:「いや、だから休みの前に届くかって訊いてるんじゃん」
担当:「そりゃ無理ですよ、旦那。うっしゃっしゃ。」

このオヤジ...
ま、とりあえず休み明けには新しいパソコンが届きそうです、多分。

そうそう、11月に妹が結婚するんですが、普通こういう時って兄としては何をあげるんですかね。

教えて!goo

よろしくどうぞ
   ↓
人気Blogランキング



satchmo_sh at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
Counter

合計:

今日:

昨日:

Recent Comments
Access Ranking

アクセスランキング
Page Ranking

アクセス解析
Search Word Ranking

レンタルCGI